エンジンオイルの役目

エンジン内部の冷却、洗浄、潤滑、密閉作用などを行っています、ターボ搭載車はターボの内部の潤滑も同時にしています。ロータリーエンジンはローターの内側の潤滑も行います。

シリンダーの壁に薄い膜を張りピストンが直接シリンダーにふれるのを防いでいます
ピストンがオイルの海に浮いているようなイメージです。

オイルパンの中のオイルはオイルストレーナーを通りオイルポンプで圧送されオイルフィルターできれいになってエンジン内部隅々を潤滑します

その時ガソリンや軽油が燃えた時に残る燃えかすやすすなどを溶かし込み、みずから汚れてエンジン内部を洗浄します。

オイルを替えずに使い続けるとこの溶かし込み能力が落ちついにすすがエンジン内部にたまるようになります。
またオイルの粘度が落ちてシリンダーの幕が切れるようになります、それをまだ使いつづけるとシリンダーやクランクシャフトやカムシャフトの潤滑が出来なくなりついに傷を付けることになります。

したがってこの溶かし込み能力や粘度が落ちる前に交換する必要があります。

一般的には5000KMから10000KMだと言われていますが8000KM走った後のオイルはかなり劣化しています。

したがってオイル君.com では3000KMから5000KMでの交換をお勧めしています。
戻る